FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年版 真紅眼構築理論のまとめ


皆さんお久しぶりです。

記事の更新は実に一年ぶりくらいかー・・・うわぁ(´・ω・`)

大学時代からの私用PCの調子が悪くなったくらいから更新する気力がなくなって、記事にする内容についても
基本的にTwitterでがんがんぼやいていたため、まったく更新することなく過ごしてしまいました。

今回は、ネット周回したりTwitter検索していると、そこそこ自分の構築理論や意見を参考にしていただいているようなので
せっかくであればもっと見やすい形で提供できればと思いブログの方にTwitterでのつぶやき+@をいくつかまとめさせていただこうかと思います。
ただ、最初に注意として記載していただきますが、あくまで私なりの真紅眼の構築理論であり、これが正解というわけでは当然ありません。
真紅眼を使用している方はおそらくかなり多いと思いますし、皆さんそれぞれ思い思いの構築があると思います。
ただ、環境で勝ち残ろうとするためにはこんな考え方もあるのだ、ということを少しでも知っていただければ幸いです。

では続きからよりどうぞ


○おまけ

wikiスクショ

自分の構築wikiに載ってるー( ゚Д゚)
とまぁ今年初め驚いていたのを今でも覚えていますが、特に機会がなかったのでこの場でということになりますが、
編集していただいた方々に感謝です。
ありがとうございました。
おれたん4位
TCSベスト16

というわけで今年結果残した2つの真紅眼デッキについて上に掲載させてもらいました。
上側のオレタンCSは2017年1月上旬の環境ということで、うららもリンク召喚もない構築になりますので、どちらかというと下側の
2017年12月下旬のTCSの構築を参考にしていただければと思います。
正直なところまだ構築の粗とかあるので、お見せするのが恥ずかしい部分もあるのですがまぁそれはそれとして(´・ω・`)
・・・TCSの構築今からでも開闢のけたいw

<真紅眼twitterコメ1修正
真紅眼twitterコメ2
真紅眼twitterコメ3
真紅眼twitterコメ4修正
真紅眼twitterコメ5
真紅眼twitterコメ6
真紅眼twitterコメ7
真紅眼twitterコメ8
真紅眼twitterコメ9
真紅眼twitterコメ10
真紅眼twitterコメ11
真紅眼twitterコメ12
真紅眼twitterコメ13
真紅眼twitterコメ14

Twitterでの自分の真紅眼の構築については、だいたい上記にまとめましたので参考にしていただければと思います。
ツイートがかぶってる部分とか、ツイート内の誤字はすいませんがご容赦ください。

すでにかなり長くなっていますが、ここでさらに補足やTwitterで質問をいただいた内容についても改めて記載させていただければと思います。

○妨害札の枚数について
自分の構築は見ていただければわかるかと思いますが、妨害札の数が若干多めの構築となっております。
今の環境デッキの平均的な妨害札としては、手札誘発9枚前後+そのほかデッキに合せた罠などで、だいたいのデッキが12枚前後が
デフォルトであります(今期については正確に数えたわけではありませんのであくまで目安ですが)。
真紅眼というテーマは、モンスター効果による初動制圧盤面を作るのがかなり難しいデッキであり、
さらに自分の構築の場合は真紅眼融合を初動のベース戦術に置いている都合上、デメリット部分により
後攻で盤面を剥がしながら盤面を奪いきるのがしんどい構築になっています。

そのため、基本的には先攻を取ったうえで、さらにモンスター以外の部分で相手の妨害を行う盤面を形成することが求められます。
そのようなことを考えたときに、Twitter内でも記載した真紅眼融合のデメリットを消すための罠や、
後攻盤面でも展開の厳しさを補ってくれるカードを中心に妨害札、盤面形成をできるカードをチョイスする必要があります。

また、これらの妨害札を初手で最低でも1~2枚握るようにすることを考えて、今回15枚(醒めない悪夢はカウントせず)という枚数にしました。

○蘇生札の枚数と竜の霊廟について
1/8のオレタンCS(上側のレシピ)ではリビデ3枚にレッドアイズスピリッツの合計4枚体制をとっておりました。
これは、初動の真紅眼融合→メテオブラック効果→レダメ落として1400バーン(相手ライフ6600)→相手ターンに障壁or神智もしくは
激流葬or増殖するGで妨害し、エンドフェイズにレダメ蘇生して返しのターンでライフを取りきることをベースとしていたことから
この枚数を採用しておりましたが、
①2018年1月以降は環境的にデッキが大変ばらけていること
②そもそもオレタンCS4位の原因が最後2試合事故りまくったこと
③灰流うららの登場により墓地肥やしが難しくなったこと
④環境の変化によりアーティファクトが使いにくくなったこと及び事故率の低下を目指した

これらの状況により、蘇生札については1~2枚程度削減するのが好ましいと考えて、12/24TCS(下側のレシピ)では
蘇生札の枚数を2枚に変更しております。

また、今回の蘇生札ということで、採用したのはレッドアイズスピリッツ2枚になっております。
この理由としては
①真紅眼融合のデメリットを考えた場合に、魔法より罠の方が蘇生が半ターン早いこと
②真紅眼において、メテオブラックを蘇生できない限り復活の福音のようなレダメを蘇生できないカードは採用したくない
③スケープゴートの採用により相手のターンに蘇生する判断が難しくなった

といったところが主な理由になっております。
枠に余裕があれば、他に1枚くらいなら蘇生札があってもよいのかと思いますが、やはり灰流うららの存在により、
墓地肥やし能力は総合的に落ちているため、以前よりも数を入れない方が確実なのかなとも思います。

ここで竜の霊廟を入れれば蘇生札使いやすくなるのでは?という意見もあるかと思います。
結論から言うと、蘇生はやりやすくなるにしても自分の構築は竜の霊廟単体を有効に使う手段がないことから、採用を見送っております。
理由としましては、今の構築のままであれば竜の霊廟でできることが
>アドー1して墓地を肥やすだけor黒石の間接的なサーチ
になっていますが、今の環境で1枚のカードでできる仕事としては、あまりにも非効率的になってしまいます。
竜の霊廟をより効率的にするとすると、例えばデストルドーやダークヴルムを入れ、トライアングルドラゴンを用いた大量展開も考えられなくはありませんが、
単体で引き込むと事故札になることや、そもそもその展開には要求札が3枚になることから非現実的とまではいかないものの、
狙うにしては成功率が低いため、ただでさえ事故札(上級真紅眼)を抱えるデッキであること、モンスターでの制圧が苦手であることから
コンボ以外で無駄になる可能性のあるカードの投入を極力避けたかったというところも理由になります。

これが例えば青眼であれば、竜の霊廟一枚で
①青眼のサーとorエンドフェイズリクルート
②墓地肥やし
③場合によっては後続のケア

までできることから、そもそも仕事の質が根本的に真紅眼とは天と地ほどの差があります。
よって、わざわざ単体で環境級の力が発揮できない真紅眼での竜の霊廟は自分の構築では弱いという結論に至っています。

※ただし、あくまで自分の構築での話ですので、真紅眼というテーマで真紅眼融合やレッドアイズインサイトでの墓地肥やし以上のメリットを
発揮でき、それが安定してできるのであれば竜の霊廟は十分に採用圏内になるカードであるとは思います。











○今回の構築の反省点(´・ω・`)
こっからは今更ながらの曝露大会です。
実は今の構築をする上で、いくつかミスったなぁということがあります。

①カオスソルジャー開闢の死者の投入
彼岸相手に除外札が欲しいなぁと思って投入していましたが、まぁ真紅眼融合のケア札の代わりに引いて負ける
といったパターンが何回かありました。
そのため、ここのところはリンク手段なり真紅眼融合の3枚目なり投入数を考える必要があったのかと思います。

②うさぎの投入枚数
こちらについても、自分の真紅眼であれば3積みした方が理論的には正しいかなと
後攻まくるのが苦手なデッキであるほど、手札誘発は多い方がいいかなと思います。

③エクシーズモンスターの選定について
今回は2種類用意しておりましたが、一度も使用するタイミングはありませんでした。
そのため、この部分は最低エクサビートルは変更してもいいかなと思っております。


以上になります。
かなりの長文になってしまいましたが、少しでも参考になればと思います。
質問などあれば、Twitterでもこちらでも受け付けてますので、よければ気軽にお願いできればと思います。

よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dertagan

Author:dertagan
アニメや遊戯王カード大好きなdertaganです。
HNは「dertagan」または「でるたがん」になります
名前の由来はSEED DESTINYの偽フラゲネタから

昨年度から数年ぶりに大会使用デッキがドラゴン族に戻っており、現在「真紅眼」で四国中国中心に大会やCSで大暴れしている変人決闘者です。
昨年度の頭に少し話題になった・・・のだろうか(´・ω・`)
なったと信じたいですw
2014年~2016年度は主に魚族使いとしてCS参加とか頑張っておりました。

他にもバトスピもたしなむ程度にやっております。
「ジークヴルム・ノヴァ」とダンまゐリスペクト(´・ω・`)
無論使用デッキは「赤紫ジノヴァ」でありますw

リンクはフリーですが、希望される方がおられましたら気軽にコメントしてくれると嬉しいです

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
Twitter...
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。