スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最上級ドラゴンで確実にアドの取れるモンスターについて考えてみた

現在純ドラゴンにしようかそれともでるた式なカオスドラゴンにしようかかなり悩んでいるでるたがんです
でるた式っつーか、自分のやりたいプレイングスタイルにあった従来とまるで違うカオスドラゴンといった感じでしょうか(;一_一)

本題ですが、今は純ドラゴンについてですが、おそらく純で行く以上ほぼ間違いなく「ミンゲイドラゴン」の搭載は必須になってくるのかなと思っています
というか、入れないのであればあと純である理由なんて「一族の結束」ぐらいですしね。。。

そんなわけで「ミンゲイドラゴン」を使うということは、確実に最上級ドラゴンを使うということになります
前制限以前であれば、「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」が3枚入っていたためほとんどそれ専用でしようして問題なかったのですが、現在ではレダメは制限カードになってしまったので、なんらかのモンスターを入れる必要があります(上級とかなら別にミンゲイでなくても他の方法とればいいわけですし)
しかしいくらドラゴンの上級以上が充実しているとはいえ、実践レベルで使用できるモンスターと言えばかなり数は限られてきます
単純に戦闘面で利用するということであればこの限りではないのですが、やはり大会レベルで使用するとなると一番に考えないといけないのが「コストに見合っただけの性能を発揮できるか」と言う点になります
そういう観点から見ていくと、おそらくドラゴンの最上級レベルのモンスターで(通常召喚のできるドラゴンの中でレダメ以外で)使用するだけの価値のあるモンスターは次にあげるモンスターに絞られるかと思います

以下個人的な感想を上げながら考察していこうと思うので、長くなるため続きからどうぞ




=============================

=============================


ドラゴン2


<光と闇の竜>
☆8/光属性/ドラゴン族
攻撃力 2800/守備力 2400
このカードは特殊召喚できない。
このカードの属性は「闇」としても扱う。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。
この効果でカードの発動を無効にする度に、このカードの攻撃力と守備力は500ポイントダウンする。
このカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。
自分フィールド上のカードを全て破壊する。
選択したモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

語るまでもない、レダメを除くと間違いなく最強レベルに位置するであろう圧倒的制圧力、圧倒的なアド稼ぎを行えるドラゴン。
一時期は環境を支配するまでにいたり、現在でも「ガエル帝」において確実に選択肢の一つにはいるモンスターです。少し前にCSで結果を残したガエル帝にも搭載されていたのかそのあたりチェックしている人には記憶に新しいかと思います
無論、ドラゴンでも光属性ということもあり十分に採用候補に挙がりますが、まず全盛期ほどの制圧力はないということ、純ドラゴンで使用する場合はなんらかの手段を用いないと突破された時そのままキルまで持っていかれる可能性があるということは考慮にいれる必要があります
純ドラゴンで使用する場合にはその点を十分に考慮に入れたうえで使用したいですね
















ドラゴン1

<八俣大蛇>
☆7/炎属性/ドラゴン族・スピリット
攻撃力 2600/守備力 3100
攻2600/守3100
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、自分の手札が5枚になるまでデッキからカードをドローする。

これは海外純ドラゴンである「ディザスター・ドラゴン」のきっかけを作った方も搭載していた、まさに自分だけに原作版「天よりの宝札」を発動しているかのごとく恐ろしいまでアドバンテージが稼げる海外勢大好きなドローモンスターですww
ただしこのモンスターは見て分かる通り条件が厳しい点、攻撃力がエースクラスとしては低い点、スピリット特有のセルフバウンスの存在には十分に気を付ける必要があります
なのでエースとしての運用と言うよりは、ここで得たアドを用いて一気に勝負を決める縁の下の力持ちというような少し?地味な位置に来るカードかもしれません・・・できることは頭おかしいレベルですが(;一_一)
その点さえうまくいけば、おそらく純ドラゴンでは手札は多すぎてこまる、ということは無いでしょうからいい活躍をするでしょう



















ドラゴン4

<ドラグニティアームズ-レヴァテイン>
☆8/風属性/ドラゴン族
攻撃力 2600/守備力 1200
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在する「ドラグニティ」と名のついたカードを装備したモンスター1体をゲームから除外し、手札または墓地から特殊召喚する事ができる。
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、「ドラグニティアームズ-レヴァテイン」以外の自分の墓地に存在するドラゴン族モンスター1体を選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備する事ができる。
このカードが相手のカードの効果によって墓地へ送られた時、装備カード扱いとしてこのカードに装備されたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

単体性能、と言う点では正直この中で挙げたドラゴン族モンスターの中でも最弱を誇るモンスター(おい
ただしこのカードは「ライトパルサー・ドラゴン」または「光と闇の竜」の効果を再利用する、または有効利用することによりアドバンテージを生み出すという特殊な立ち位置にいるモンスターです
「光と闇の竜」の組み合わせである通称「レヴァライダー」は一時期このカードの情報が流れた当初に騒がれたこともあり、知っている人はそこそこいるかと思います

・・・個人的には「レヴァテインライダー」っていいたいので今後このブログでは「レヴァテインライダー」で統一します。だってその方がかっこいいし(・。・)



トランザムライザー

こんな感じで「レヴァテイン・ライダーッ!」て脳内で叫ぼうww


現在ではこの効果で利用できるモンスターに「ライトパルサー・ドラゴン」が加わり、以前のように「レヴァテインライダー」をやるよりもずいぶんいろいろと楽ができるようになったかと思います
しかしやはり装備ができないとただの弱小といって差し支えないので、他の最上級の使えるドラゴン達と違って特殊召喚ができる点をうまく利用して運用できればいい活躍が期待できるかと思います



















ドラゴン3


<青眼の白龍>
☆8/光属性/ドラゴン族
攻撃力 3000/守備力 2500
言わずと知れたビックネーム。
しかしあくまでこのカードをただ搭載していても大した性能を発揮することのできない単体では観賞用モンスターw
このカードはあくまで「伝説の白石」と組み合わせることを前提とし、さらに「竜の渓谷」などと組み合わせることで初めて真価を発揮できるモンスターです
性能というよりはそれら専用カードを駆使しつつアドを失わずに攻撃力3000を出せることがこのカードの強みであり、サポートカードありきではありますが「ミンゲイドラゴン」の効果を無駄なくはっきするという点においてはある意味全ドラゴンの中でもトップクラスかもしれません



















ドラゴン5


<破壊竜ガンドラ>
☆8/闇属性/ドラゴン族
攻撃力    0/守備力    0
このカードは特殊召喚できない。
自分のメインフェイズ時にライフポイントを半分払う事で、このカード以外のフィールド上に存在するカードを全て破壊しゲームから除外する。
さらに、この効果で破壊したカード1枚につき、このカードの攻撃力は300ポイントアップする。
このカードが召喚・反転召喚したターンのエンドフェイズ時、このカードを墓地へ送る。

「デストロイ・ギガ・レイズ」で有名な、コストと効果が割に合っているのか?と言う点を考えた時に一番何とも言えなくなるけどやはり強いことに変わりない効果を持つハイリスクハイリターンを体現するかのようなモンスターです。



なのはさん


「デストロイ・ギガ・レイズ」で白い悪魔が浮かんできた人は少し頭冷やそうか?


正直な話テキストそのものは頭おかしいくらい強いことを書いています。しかし普通のデッキではその重すぎるコストゆえに使用することができないか、そもそもこれだすよりもエクシーズなどでフィールドを解決できるなんて場面である可能性が高いことから、おそらく今まであげてきたどのモンスターよりも純ドラゴンでしか居場所の無いモンスターであると言えます
このモンスターはそのテキストの特性上モンスターと言うよりは召喚権を使う魔法カード扱いと言ってしまっていいレベルであり、「光と闇の竜」などのフィールド制圧型のモンスターとは役割が180度違い、フィールドリセットという相手にとられたアドの回復をするという全体的に受け身なモンスターです
さらにテキストの都合上、この効果使用後に自分が他の行動を行わなければ、コストの関係ではっきり言って召喚した意味が無意味になることもあるというなんとも言えないシビアさがあります
なので、このモンスターを利用する際はそのあとなんらかの特殊召喚を行うとか、カードを伏せるなどの行動はとりたいところです
全体的に酷評しましたが、純ドラならお手軽に使える全体除去であり、かつ何気に闇属性という利点があるので運用する場合はその点をうまく生かしていきたいところです



と、だいたいこんな感じかなと思います
他にも「ライトパルサー・ドラゴン」との兼ね合いを考えると「ダークストーム・ドラゴン」、「ダーク・ホルス・ドラゴン」なんかも候補には入るのでしょうが、アドをとる、単体でゲームを支配すると言った点を考えるとやはり少し微妙と判断し考察していません

・・・というところで今日はこの辺で失礼します。すこしつかれた(;一_一)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

>sasaさん、コメントありがとうございます
まぁ、とにもかくにも青眼はサポートありき・・・ですね

ヴァンダルさんは・・・強いけどあれもデッキ選ぶ、というかあれは専用構築求められますからね(;一_一)
純ドラで使いたいモンスターとは少し違いますね

No title

プリズマー型の青眼をガチ込みのフリーでよく使っていますが、結構勝てます。
HEROやガイドが強いと言われればそれまでですが、相手からすると3000打点を素早く召喚され、ほぼ毎ターン蘇りかねないという状況が堪らなくやり辛いそうな。
ただやはり大会で安定して戦えるかというと、そうではありません。
それでも手軽に呼べる3000打点の制圧力は中々高いと実感しているので、銀河眼辺りを試してみてはどうでしょう? 青眼はサポありきで単独起用には不向きです。
それ以外ならやはりライダー安定ですかねぇ。個人的にはたられば最強のヴァンダルを推します笑
プロフィール

dertagan

Author:dertagan
アニメや遊戯王カード大好きなdertaganです。
HNは「dertagan」または「でるたがん」になります
スペルミスではありませんよw

今のところ大会はお気に入りキャラのシャークさんデッキ・・・から気づいたらシーラカンスにww

他にもバトスピもたしなむ程度になってます
「ジークヴルム・ノヴァ」とダンまゐリスペクト(´・ω・`)

アニメ(ガンダム、まどマギ等々)スポーツ観戦なんかにはまってます

リンクはフリーですが、希望される方がおられましたら気軽にコメントしてくれると嬉しいです

FC2カウンター
検索フォーム
Twitter...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。