スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終判決・・・さよならSinドラゴンそしてお帰りでるた式カオスドラゴン

というわけで、なんだかんだでSinドラゴンに限界を感じたので前環境下で使用していたドラゴンデッキを今の環境と制限改訂に合わせて再構築してみました。


<モンスターカード>22枚
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1
ライトパルサー・ドラゴン×3
エレキテルドラゴン×1
聖刻龍-トフェニドラゴン×3
カオス・ソルジャー -開闢の使者-×1
トラゴエディア×2
バイス・ドラゴン×2
冥府の死者 ゴーズ×1

エフェクト・ヴェーラー×2
コアキメイル・ドラゴ×2
デルタフライ×1
墓守の偵察者×3

<魔法カード>7枚
大嵐×1
強欲で謙虚な壺×2
サイクロン×2
死者蘇生×1
月の書×1

<罠カード>11枚
神の警告×2
神の宣告×1
激流葬×2
サンダー・ブレイク×1
聖なるバリア-ミラーフォース-×2
奈落の落とし穴×2
リビングデッドの呼び声×1

<エクストラデッキ>15枚
スクラップ・ドラゴン×1
スターダスト・ドラゴン×1
ダークエンド・ドラゴン×1
トライデント・ドラギオン×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
C・ドラゴン×1
甲虫装機エクサビートル×1
インヴェルズ・ローチ×1
交響魔人マエストローク×1
迅雷の騎士 ガイアドラグーン×1
セイクリッド・トレミスM7×1
聖刻竜王アトゥムス×1
フォトン・ストリーク・バウンサー×1
ラヴァルバル・チェイン×1
竜魔人 クィーンドラグーン×1

一応今回の構築の理由とか簡単に続きから語ります・・・といってもまだデッキとしてはプロトタイプもいいところなんですけどね(--;
==============================

==============================

そんなわけで今回のデッキ構築についていくつか簡単に勝手に解説していきます・・・無論いつも通り独断と偏見に満ちているのでそのつもりでお願いします

・「墓守の偵察者」の採用について
今までいやだいやだといっていたモンスターですが今回はついに採用しました
元々トフェニドラゴンを入れたあたりから入れようかどうか悩んでいたのですが(調整の時はサイドに積んでました)、デッキや環境と相談しきれないまま終わっていたカードでもあり、かつレダメ以外でアドを取れるドラゴンはランク4と6にしか存在しないという点から、また闇要員としての採用となりました・・・飛龍ものけて枠空きましたし。。。
普通に使っても普通に強いですし、デルタフライと組み合わせることで「ダークエンド・ドラゴン」をシンクロ召喚できるということもあり、このデッキにおいては比較的こなせる役割は多い感じです

・「デルタフライ」の採用について
今回はでるたがnお気に入りのドラゴンの1体である「デルタフライ」を採用しました。
上記にもあるように基本的には「ダークエンド・ドラゴン」をシンクロするのが一番のお仕事になります
さらに、このデッキであればトフェニドラゴンと組み合わせるだけで簡単に「トライデント・ドラギオン」がシンクロできるという点もあって採用しています
トフェニドラゴンはいうに及ばず、「バイス・ドラゴン」の採用もありコストを払わないデッキの展開力自体は向上しているくらいなので手札で腐るということはほとんどないカードであると考えています。ただ出来れば2枚採用したいのでそこが今後の課題というか、ちょっと考えどころですね
「聖刻龍王-アトゥムス」からのリクルート先としても重宝します

・「バイス・ドラゴン」の採用について
上記の「デルタフライ」との絡み以外に、デッキの中心モンスターとなった「ライトパルサー・ドラゴン」の補佐役として2枚積みにしています
基本的に「聖刻龍-トフェニドラゴン」を用いてライトパルサーを展開するのがいいのですが、トフェニが手札に無い時で墓地にレダメやダークエンドがいない状態だけどライパルに出てほしいというときに1:アドバンス召喚の補助、2:ライパルの効果先 という2つの意味を持たせることができるので採用しています
「ダークフレア・ドラゴン」にではなくこのカードであるのはデッキの特性上カオスモンスターの数を抑え、出しやすいモンスターを優先した結果です

・「ダーう・アームド・ドラゴン」の非採用について
いやもう事故る、普通のカオスドラゴンと違い闇が墓地にたまりにくいので採用しても事故る時があるので今回は採用を見送っています
正直入れてもいいのですが、枠もないしなんかいらないタイミングで引くこと多いし、戦術的にはいなくてなんも変わらないというのもあるし、墓地調整難しいしという点もあり今回は採用見送りです


現状主な部分はそんな感じかと思います
上記の採用理由にもいくつか書きましたが、今のこの新でるた式ドラゴンの中核は「ライトパルサー・ドラゴン」です。前環境下のように全てのカードが最後には全てレダメに帰結するという構築は不可能であるので、ではドラゴン主体にした時に℃のモンスターを中心にデッキを回せばいいのかと考えた結果こうなっています
前環境におけるレダメの役割とは少し違い、レダメ1体がデッキの全てを動かすのではなくライパルが自分からいろいろなモンスターに積極的につなぐことでアドを取ることを目的にしたデッキに変わっています
まぁ・・・といってもそこまでの変化があるわけでなく、本当に「未来融合」が消えた以外は戦術的にあんまり差は無いんですけどねw

そんなわけで勝手に語りましたが以上です
次からこれで行こう
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

dertagan

Author:dertagan
アニメや遊戯王カード大好きなdertaganです。
HNは「dertagan」または「でるたがん」になります
スペルミスではありませんよw

今のところ大会はお気に入りキャラのシャークさんデッキ・・・から気づいたらシーラカンスにww

他にもバトスピもたしなむ程度になってます
「ジークヴルム・ノヴァ」とダンまゐリスペクト(´・ω・`)

アニメ(ガンダム、まどマギ等々)スポーツ観戦なんかにはまってます

リンクはフリーですが、希望される方がおられましたら気軽にコメントしてくれると嬉しいです

FC2カウンター
検索フォーム
Twitter...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。